Adsenseに登録しよう

グーグルアドセンスの審査に通す

日記ブログの記事が、ある程度たまってきたら、いよいよGoogle Adsenseの審査に申し込みます。
google.com/adsense/

 

まあ、ご登録(無料)のボタンをクリックして、必要事項を記入すればOKなので、特に問題はないかと思います。

 

チェック項目もありますが、後述するプログラムポリシーに沿った返答をすればOK。

 

ウェブサイトの URLのところには、ブログで日記を付けてみようで作って更新している自分のはてなダイアリーのURLを入れます。
記事は2週間分もあれば十分かと思います。

文章量は、あんまり短いと内容も無い日記になりますよね。
それだと、もしもあなたが広告を出す立場だったら、内容のない短い日記に広告を出したいと思いますか?

できるだけ具体的な内容の日記で、あんまり短くないように気をつけましょう。
あと、完全なオリジナルの文章であることも大事です。

他人のブログの記事をパクったりするのは、そもそも犯罪なので止めてくださいね。

 

メールアドレスは、Yahoo!メールで問題ありません。
ただ、迷惑メールフォルダ内もちゃんとチェックすることを忘れずに。

申し込みの確認メールが来るので、それに記載されたリンクをクリックすることで、申し込みの審査が始まります。

 

数日以内にメールで連絡が来るので、焦らずこれまで通り日記を更新しながら待ちましょう。^^

 

もし、審査に通らない場合には、ヘルプを読んでみましょう。
お申し込みについて - AdSense ヘルプ

 

のちのち個人識別番号(PIN)っていうのが郵送されてくるので、住所は間違いのないように気をつけてください。

 

プログラムポリシー

アドセンスには、守らなければならない厳しい鉄の掟があります。
それが、プログラムポリシー。

 

Google AdSense プログラム ポリシー

 

簡単にまとめると…

  • 自分で広告をクリックしちゃダメ
  • 「クリックしてね。」とか広告について触れたらダメ
  • 矢印画像とかで注目させてもダメ
  • 広告を、ページ内のリンクと紛らわしい感じにしちゃダメ
  • 「スポンサード リンク」「広告」以外の文字を広告の上に置いちゃダメ
  • 成人向け、暴力的、人種差別的なコンテンツに広告を貼っちゃダメ
  • 他の人の著作権を無視したページに広告を貼っちゃダメ
  • アドセンスと似た広告を貼っちゃダメ
  • 広告ユニットとリンク ユニットは各ページに 3 つまで

あと、ウェブマスター向けのガイドラインにしたがう必要があります。

 

ウェブマスターのためのガイドライン

 

まあ、これは簡単に言うと、検索エンジンスパムと言われる、不正行為をするなっていうことです。

 

見やすくて、自分でつくったオリジナルのコンテンツであれば、通常問題ないと思います。


アドセンスに申し込もう関連エントリー

まずはメールアドレスを取得しよう
まずは、アフィリエイト専用にメールアドレスを用意しましょう。
ブログで日記を付けてみよう
文章を書くのと、ブログに慣れるために、はてなダイアリーで日記を付けてみよう。
アドセンスに申し込もう
ブログに記事がある程度たまったら、そのブログを使ってグーグルアドセンスに登録を申し込みます。
楽天アフィリエイトをやってみる
楽天アフィリエイトに申し込んで、アフィリエイトリンクの作り方を覚えましょう。
ブログにアクセスを集めてみる
実際に日記ブログにアクセスを集める練習をしましょう。
ニュースでアクセスを集める具体例(セクシー編)
ニュースから一過性のアクセスを集める作業の具体例(セクシー編)です。
ニュースでアクセスを集める具体例(まじめ編)
ニュースから一過性のアクセスを集める作業の具体例(マジメ編)です。